お久しぶりです。
ここ最近使っていた構築ですが、オフはしばらくなくレートでは別の構築を使いたい為公開。




現環境で催眠ゲンガーを入れない理由がないほど強いと考えているためそれを生かせるような構築を目指した。

ガルーラ@ガルーラナイト
203-161-100-~-100-125
捨て身タックル 地震 冷凍パンチ グロウパンチ

至って普通の203ガルーラだが不意打ちを切って対応範囲を広げた。
相手は不意打ちを持ってると思って動いてくれるということを常に忘れないこと。
壁をはれればASでもいいが、ゲンガーの通らない相手に初手に出すのでその際にゲッコウガや鉢巻ガブリアスに打ち勝てるようにこの配分。

カイリュー@弱点保険
191-176-116-~-126-128
逆鱗 龍の舞 地震 炎のパンチ

この枠には電気の一貫を切れるガブリアスを採用していたが相手のバシャーモが重たかったためカイリューに変更した。
逆鱗、地震、龍の舞は確定で残りを炎のパンチ、神速から選択だが好みで決めていいと思う。
炎のパンチは勝てる相手を増やす技に対して神速は負ける相手を減らす技。

クレッフィ@光の粘土
図太いHB
イカサマ リフレクター 光の壁 毒々

裏五匹どのポケモンに対しても展開していける駒。
この並びで壁が読まれる場面は少なかったが読まれなかったからなんだって感じ。
毒と電磁波は好みだがゲンガーへ繋ぐことだけ考えたら毒の方がいい。

ボルトロス@オボン
172-~-90-160-100-179
10万ボルト めざめるパワー氷 電磁波 悪巧み

これも至って普通の構成。
カバルドンからの展開を止められる挑発も欲しいが電磁波を切れるわけがない。

ゲンガー@ゲンガナイト
臆病CS
祟り目 ヘドロ爆弾 催眠術 身代わり

気合玉を採用してしまうとあまりに不安定なポケモンになるためこの構成。
カバルドン入りにはこいつを初手に投げて催眠術で対応する。
裏にクレッフィかボルトロスを置いておけば外したり初手がカバルドンじゃなくてもリカバリーできる。

ニンフィア@ゴツゴツメット
201-~-115-147-150-85
ハイパーボイス いびき 瞑想 眠る

配分はガブリアスをハイパーボイスで倒せるところまでCを振って残りをHB
重たいボルトスイクンに強めで受け回しの崩しも担えると思って採用。
基本的に受け身になってしまうので壁と合わせる出し方は極力したくない。

久々に自力で構築を組もうとしたが自分の発想力のなさに涙を飲んだ。
人に頼ってばかりではいつまでも中途半端なレベルのプレイヤーでしかいられないのでしばらくは自力で構築を組みたいと思う。





スポンサーサイト

第四回あめおふに参加してきました。
結果は5-4で予選落ち。プレミで二つも試合落としたこと、明らかな選出ミスを何度も犯してしまったことから考えるとこの予選落ちは当然でしょう。
使用構築は
バンギラスガブリアスボルトロスバシャーモハッサムスイクンです。

まだ使おうと思ってるので公開はまた今度。

今回のオフで自分のポケモンへの取り組みの姿勢の甘さを強く感じさせられました。
何度も連続で予選を抜けて色々と甘く考えてしまっていたようです。
次は絶対に勝ちます。

広告消すためのゴミ記事で申し訳ない(*_*)

今の環境良く分からないけど多分今の環境にあってないから公開。
横浜国立大学の学祭で使用したが立ち回りめちゃくちゃで2-3とかだった。

コンセプトはガルーラで上を取ること。

ガルーラ@メガ 意地AS
捨て身タックル 冷凍パンチ 岩雪崩 地震orグロパンor噛み砕く

ガブリアス@ヤチェ 陽気AS
逆鱗 地震 岩石封じ 剣舞

ファイアロー@ラム 意地HA
ブレバ フレドラ 剣舞 追い風

ボルトロス@オボン 図太いHB
ボルチェン めざ氷 電磁波 挑発

スイクン@ゴツメ 図太いHB
熱湯 冷凍ビーム 瞑想 眠る

ゲンガー@メガ 臆病HS
シャドボ 滅び 道連れ 身代わり

今はバシャーモとか使ってた方が無難に強いでしょう。
珠ゲンガーもだいぶ数を減らしたようなのであんまりラム追い風が役立つ場面が少ないしもう使わないと思う。
マンダマンムーみたいなのガルーラで上からボコれるのは気持ちいい。

多分後一週間くらいしたらまたポケモン復帰します。



本格的にやれてません。
諸事情でしばらく離れたままだと思います。
多分時間にゆとりができるのは夏休みに入ってから?

来年は受験だし出来る限り今年にポケモンしたいですね。
やってるとやめたくなるのにやれなくなるとやりたくなるからポケモンは薬(=_=)





ボルトロス@オボン 図太いHB
ボルチェン めざ氷 電磁波 挑発
最低限のサイクルを回すための駒として採用。
ゲッコウガバシャーモジャローダからの引き先として。
相手に好き勝手されないために挑発はあんまり切りたくない。

ガブリアス@ゴツメ 陽気aBS
逆鱗 地震 ステロ 毒々
ガルーラの上から動けてステロの撒けるゴツメ枠。
最初こいつの動かし方がうまく分からず負けまくったので慣れが必要。

バシャーモ@メガ 意地hAS
飛び膝蹴り フレドラ 岩雪崩 守る
パーティのメガ枠。
以前程の通りの良さは消えた印象だがまだまだ戦える。
アロー入りへのサイクル戦や削れたマンダやカイリューへの打点として岩雪崩。
めざ氷の方がいいかもしれない。

ジャローダ@襷 臆病hCS
リフスト 龍の波動 めざ地 蛇睨み
初手に置きやすく、またトンボルチェンによる削りと相性のいいポケモン。
ボルトジャローダの時と同様にハッサムと併せてクレセドランを崩せるようにめざ地を採用。

ゲッコウガ@珠 無邪気AS
ダストシュート 冷ビ 水手裏剣 蜻蛉返り
バシャーモと共にパーティのエースを担う。
蜻蛉返りや水手裏剣、変幻自在によるタイプ変化を活かして面白い動きができる。
例えば初手の襷ジャローダに蜻蛉でボルトロスに引いて蛇睨みやミラコを透かしたり。
また、相手のボルトロスにはこいつかバシャーモで麻痺を受けながら突っ込み片方を受からなくさせる立ち回りをすることが多い。

ハッサム@メガ 意地HAs
バレパン 蜻蛉返り 叩き落とす 剣舞
受け回しやクレセドランへの駒となり、龍や妖精の一貫を切れるポケモンとして採用。
バシャーモとの同時選出は一応あり。
受け回しへの立ち回りも書きたいところだが、相手の採用しているポケモンによるとしか言えないので省略。

基本的にバシャーモジャローダゲッコウガのどれかを通せるように動く。
シーズン9の最終日に1750→1900まで勝率7割5分くらい。
もっとやれば上へいけたとは思うが時間がなくてやめた。

ゲッコウガ入りの組むことの難しさや、バシャーモに飽きてしまったため公開。
次はガルーラ使おうかな。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。