ボルトロス@オボン 図太いHB
ボルチェン めざ氷 電磁波 挑発
最低限のサイクルを回すための駒として採用。
ゲッコウガバシャーモジャローダからの引き先として。
相手に好き勝手されないために挑発はあんまり切りたくない。

ガブリアス@ゴツメ 陽気aBS
逆鱗 地震 ステロ 毒々
ガルーラの上から動けてステロの撒けるゴツメ枠。
最初こいつの動かし方がうまく分からず負けまくったので慣れが必要。

バシャーモ@メガ 意地hAS
飛び膝蹴り フレドラ 岩雪崩 守る
パーティのメガ枠。
以前程の通りの良さは消えた印象だがまだまだ戦える。
アロー入りへのサイクル戦や削れたマンダやカイリューへの打点として岩雪崩。
めざ氷の方がいいかもしれない。

ジャローダ@襷 臆病hCS
リフスト 龍の波動 めざ地 蛇睨み
初手に置きやすく、またトンボルチェンによる削りと相性のいいポケモン。
ボルトジャローダの時と同様にハッサムと併せてクレセドランを崩せるようにめざ地を採用。

ゲッコウガ@珠 無邪気AS
ダストシュート 冷ビ 水手裏剣 蜻蛉返り
バシャーモと共にパーティのエースを担う。
蜻蛉返りや水手裏剣、変幻自在によるタイプ変化を活かして面白い動きができる。
例えば初手の襷ジャローダに蜻蛉でボルトロスに引いて蛇睨みやミラコを透かしたり。
また、相手のボルトロスにはこいつかバシャーモで麻痺を受けながら突っ込み片方を受からなくさせる立ち回りをすることが多い。

ハッサム@メガ 意地HAs
バレパン 蜻蛉返り 叩き落とす 剣舞
受け回しやクレセドランへの駒となり、龍や妖精の一貫を切れるポケモンとして採用。
バシャーモとの同時選出は一応あり。
受け回しへの立ち回りも書きたいところだが、相手の採用しているポケモンによるとしか言えないので省略。

基本的にバシャーモジャローダゲッコウガのどれかを通せるように動く。
シーズン9の最終日に1750→1900まで勝率7割5分くらい。
もっとやれば上へいけたとは思うが時間がなくてやめた。

ゲッコウガ入りの組むことの難しさや、バシャーモに飽きてしまったため公開。
次はガルーラ使おうかな。
スポンサーサイト

本日行われたけーおふに
ORAS1 発寒厨 ORAS2 ありんこ BW るるーしゅで参加してきました。
使用構築は前回のボルトジャローダをいじったもの。

変更点は以下の通り。
ボルトロス@オボン
図太い HBs(ガッサ抜き)
ボルチェン めざ氷 電磁波 挑発
カイリュー@鉢巻
意地っ張り HAベース
逆鱗 地震 馬鹿力 神速
スイクン@ゴツメ
配分同じ
熱湯 こご風 リフレクター ミラコ

結果は個人3-2チーム3-2で同率となり勝ち数足らず予選落ち。
チーム全体の負け試合ほぼ全てに運が絡んでおり、最早どうにもならないくらいチーム全員運が悪かった。

自分自身ここ最近ずっと予選抜けていたこともあり、予選落ちしてしまったことをとても悔しく感じたので次にオフに出る機会があればまた頑張ろうと思います。

最後にこのような楽しいオフを開いてくださったスタッフの方々、チームを組んでくださった方々、ありがとうございました!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。