上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

テスト終わったら書くとか言ってたら、この構築の原案(というかほぼ全て)を考え、あめおふに一緒に参加したるるーしゅさんが代わりにブログを書いてくれたので転載する形にしようと思います。
ちなみにるるーしゅさんのブログはありません。
以下転載記事となります。

20131220022123.png20131220022125.png20140111002818.png20131220022052.png20131220022101.png20131220022058.png

ポケモン性格技.1技.2技.3技.4アイテム特性
ボルトロス臆病10万ボルト目覚めるパワー(氷)電磁波挑発雷プレート悪戯心
ランドロス意地っ張り地震岩石封じ叩き落とす蜻蛉返り突撃チョッキ威嚇
ゲンガー臆病シャドーボール気合球道連れ挑発ゲンガナイト浮遊 → 影踏み
ハッサム意地っ張り蜻蛉返りバレットパンチ馬鹿力叩き落とす拘り鉢巻テクニシャン
キノガッサ意地っ張り種マシンガンマッハパンチ岩石封じ茸の胞子気合の襷テクニシャン
スイクン図太い熱湯凍える風リフレクター吠えるゴツゴツメットプレッシャー


個別解説
ボルトロス

20131220022123.png


特性:悪戯心
持ち物:雷プレート
技:10万ボルト / 目覚めるパワー(氷) / 電磁波 / 挑発
性格:臆病
実数値:155-*-90-177-100-179 (4-0-0-252-0-252)
個体値:31-*-30-31-31-31

高いSや悪戯心補助技で上から殴ったり展開を阻害する駒。
ゲンガーを出さない時に、周りで削り切って上から一掃することも考えられるためCS。
メガバシャーモ・メガゲンガーに後出しが出来たりボルトチェンジが自然に採用可能なHBも魅力的だが、構築単位でガブリアスが重いとは思わなかったのとCS配分の高い削り性能を評価する形に。相手のHBボルトにも強い。

技は削り技の10万ボルト、霊獣ボルトや霊獣ランドを筆頭とした広範囲への打点となる目覚めるパワー(氷)、メガゲンガーやSの上がった駒を機能停止させる電磁波、展開阻止技の挑発構成。
構築単位でメガフシギバナも重いが、目覚めるパワー(飛)にするメリットがフシギバナと精々突撃チョッキヘラクロスしか思いつかず、前者に至っては考慮する程の性能は無いと考えているので目覚めるパワーのタイプは氷。
サイクルを回して来るライコウ絡みの構築にボルトロスを出す場合、ボルトチェンジがあるかどうかで勝率が大きく変わるが、無理に外す技がない上に壁も瞑想もないライコウの絶対数を考慮して切ることにした。

持ち物は無理に目覚めるパワーの威力を上げる必要が無いと考え、反動で削れずにメガハッサムやサンダーへの確定数を変動させられる雷プレート。

ランドロス

20131220022125.png


特性:威嚇
持ち物:突撃チョッキ
技:地震 / 岩石封じ / 叩き落とす / 蜻蛉返り
性格:意地っ張り
実数値:195-188-111-*-119-120 (244-44-4-0-148-68)

電気の一貫を消すことが出来、威嚇+突撃チョッキで様々な範囲を誤魔化しつつ蜻蛉返りや岩石封じで対面操作やS操作を行ってサイクルを有利に進める。
サイクルを回す地面タイプは、チョッキ等の拘らないで数値を引き上げるアイテムを持つ方が動き易さが良いと思っている。
構築単位で面倒なリザードンやギルガルドに対して処理が可能で、バンギランドルカリオアローやクレセクチート構築に対しての選出の幅が大きく広がる。

弱点保険ギルガルドに打ち勝てたり、ステロ+C192メガルカリオの悪巧みラスターカノンを耐えつつ、なるべく後攻から蜻蛉返りを撃てる配分。

ゲンガー

20140111002818.png


特性:浮遊 → 影踏み
持ち物:ゲンガナイト
技:シャドーボール / 気合球 / 道連れ / 挑発
性格:臆病
実数値:149-*-86-163-96-178 (108-0-44-100-4-252) → 149-*-106-203-116-200

蜻蛉返りから降臨し、シャドボで落として道連れで1:1交換を狙う動きが単純に強い為、構築の軸に添えた。
他5体のスペックと誤魔化し範囲が非常に優秀なので、ゲンガーに依存せずとも有利に戦える。

挑発はカバルドン・ライコウ・ポリゴン2・ピクシー等多数の小賢しい行動を許さないことが可能。単純に道連れとの相性も非常に良い。
気合球は当れば勝ち・外したら負けの場面が多く目立ってしまう技だが、周りの駒でなるべく気合球を撃つ回数を減らせるようにした。

金縛り身代わりも面白いと思ったが、必然的に気合球を撃つ場面が増えるのでなし。

ハッサム

20131220022052.png


特性:テクニシャン
持ち物:拘り鉢巻
技:蜻蛉返り / バレットパンチ / 馬鹿力 / 叩き落とす
性格:意地っ張り
実数値:175-196-126-*-100-85 (236-228-44-0-0-0)

ボルトランドゲンガーと相性が良く、蜻蛉返りでの対面操作・バレットパンチでの高火力先制技・龍技の一貫を消すことの可能な駒。
瞬間高火力で負荷を与えやすくなる拘り鉢巻持ち。

特に言うことは思い付かないが、採用することで構築の穴を埋めてくれる、重要な枠ではある。

キノガッサ

20131220022101.png


特性:テクニシャン
持ち物:気合の襷
技:種マシンガン / マッハパンチ / 岩石封じ / 茸の胞子
性格:意地っ張り
実数値:135-193-107-*-80-122 (0-204-52-0-0-252)

よくある、高い対面性能を活かして削りに扱う襷ガッサ。
無理矢理周りの一貫を作るだけではなく、カバルカリオやバンギランドアロールカリオの様な展開構築に対するストッパー・クレセクチート軸・ライコウ始動展開にも戦う。

陽気にしたところでゲンガーに勝てるかどうかは怪しいこと、ダメージ量を上昇させることで周りの圏内に入れ易くなるので意地っ張り。
Aを割いてBに振ることで、マッパで135-101ガッサにを94.51%の乱2・A182テクニガッサのマッパを84.8%で2耐えるので、相手の陽気ガッサに勝ち易くなる。

スイクン

20131220022058.png


特性:プレッシャー
持ち物:ゴツゴツメット
技:熱湯 / 凍える風 / リフレクター / 吼える
性格:図太い
実数値:203-*-151-136-136-113 (220-0-20-208-0-60)

高い対面性能で様々な範囲を補いつつ、多くの物理相手に対面処理が出来たり、無理矢理物理に後出ししてゴツメを当てて裏の圏内に入れる等と幅広く役割を持てる駒。
単純に物理で殴ってくる構築だけではなく、対トリル展開やステロ展開にも強く出て貰う。

水技は命中安定であり、3割で火傷が期待出来る熱湯。初手のガブランドに仕事をさせず、Sを下げることで自身や裏が上から殴り易くなる凍える風。自身が初手に出し易くなる。
マリルリやハッサムに起点にされても対処が可能で、メガガルーラやメガバシャーモ等への負担を軽減、そして自身だけではなく後続の撃ち合い性能が上昇するリフレクター。
いつもはミラーコートをラストの枠に入れていたが、あくまで最終手段程度の性能だと思っているし、殆ど使わなかった為起点回避になる吼えるに変更。

ここまで自分の使った構成をつらつらと語ったが、構築単位でピクシーが重い為、絶対零度持ちの採用もあり。
零度持ちの個体を採用する場合は、
技:熱湯 / 冷凍ビーム / リフレクター / 絶対零度
性格:暢気
実数値:207-*-148-136-136-99 (252-0-0-220-0-36)
となる。
欠点は素のSの低さにより凍える風を採用出来ず、S操作によるゲンガーのサポートや初手のガブランドに仕事をさせない・ガルーラに上を取らせないことが出来なくなってしまう点。
ピクシーに関しては、ある程度展開させておいて多少削った状態で吼えてしまうことで対処出来なくもないので、どちらを選ぶかは好みの範囲だろう。

選出例
基本選出
ハッサム + ゲンガー + @1

ハッサムの蜻蛉返り+ゲンガーのシャドーボールで1体落とした後、その後メガゲンガーで道連れを入れて2体持って行くのが理想。
キノガッサ + ランドロス + ゲンガー

ガッサを軸に崩していく場合の選出。ランドロスをクッションに、対面操作をしつつガッサかゲンガーの一貫を取りに行く。

対ガルクレセドラン (ガルーラ/霊獣ランドロス/クレセリア/ヒードラン/キノガッサ/スイクン)
キノガッサ + ゲンガー + スイクン

初手にボルトランドガッサを殴れるガルーラ、ハッサムに後出しが効く上に起点にまで出来るドラン、スイクンの処理を考えガッサorスイクンの選出が来るはず。
なので初手にガッサを置き、殴らせる行動を強制させてスイクンを後出ししゴツメでガルーラを削る。ゴツメダメージ3回+マッハパンチで181-100メガガルーラが確定。ゴツメダメージが入った時点で一応ゲンガーの気合球圏内にも入る。
スイクンを後出しした後は、そのまま殴り切って死に出しガッサやゲンガーで一掃を狙う。
この場合は凍える風スイクンだと殴って切っての繰り返しだけなので立ち回りが非常に楽。
零度スイクンで使う場合はガルーラに後出しした後冷ビ→ガッサが出て来た場合こちらもガッサに交代しマッパ連打。ガッサではなくスイクンだった場合は零度連打。冷ビを撃った場面でガルーラが突っ込んだ場合そのまま殴って切る。

対ガルクレセドラン (ガルーラ/化身ボルトロス/クレセリア/ヒードラン/ローブシン/ギルガルド)
ゲンガー + ランドロス + スイクン

初手にガルーラを倒しに来るゲンガースイクンに強いローブシン、ハッサムを考慮しヒードラン、残りは単純にガルーラor出て来るスイクンを嵌めたりガッサに強いギルガルドの選出と予想。
メガゲンガーのシャドーボール2発+ランドロスの地震で207-121-96ラインのチョッキローブシンを確定で処理出来る為、残りはランドかスイクンのどちらかに薄くなる。
裏がドランガルドだった場合、ドランに地震を耐えられ鬼火を入れられると元も子もないので、ドランが出て来た場合さっさとスイクンに引くこと。

対クレセクチート (化身ボルトロス/ガブリアス/ガルーラ/キノガッサ/クレセリア/クチート)
ランドロス + キノガッサ + スイクン

ボルトクレセクチートorボルトガブガルーラ選出のどちらにも対応出来る選出。
ランドでボルトを起点に崩しつつ、襷ガッサやリフレクタースイクンでそのまま削り切れば殆ど負けることはない。
ゲンガーもクレセクチートに強い駒なので、ランドゲンガースイクン選出でも問題ない。

対ボルトランド (化身ボルトロス/霊獣ランドロス/サーナイト/ギルガルド/バシャーモ/スイクン)
キノガッサ + ランドロス + スイクン

初手に取り敢えず仕事の出来るボルト、構築単位で通りが良いギルガルド、上から殴れるバシャーモの選出が来るはず。
初手にガッサを置いてボルトを起点に削り、ランドロスで一貫を取りに行く。
流石にガッサの削りの補佐があってもランド一体では過労死するのが見えるので、同じくガルドバシャに強くリフレクターの貼れるスイクンを添える。

対カバルカカイリュー (カバルドン/ルカリオ/カイリュー/ゲンガー/キノガッサ/スイクン)
ゲンガー + ランドロス + スイクン

ゲンガーでカバルドンに何もさせず、ランドスイクンで裏に居るルカリオカイリューを処理するだけの単純パターン。
カバルドンやラグラージ始動のステロ構築は大体この選出で問題ない。

対バンギランドルカリオアロー (バンギラス/霊獣ランドロス/ルカリオ/ファイアロー/アグノム/パルシェン)
ボルトロス + ゲンガー + スイクン

初手がランドロス・ファイアロー・アグノムのいずれかでも対応出来つつ、6匹全てのポケモンに展開を許さないボルトを初手に。
後続は進化してしまえばルカリオを上から葬れて相手に隙を見せないゲンガー、同じく隙を見せずファイアローを起点に一気に削り切れるスイクン。
スイクンが凍える風個体だとゲンガーが進化出来なかった場合でも立ち回り易いが、別に零度個体でも不利を取ることは少ない。
相手がルカリオ選出ではなくバンギ選出だと少し苦労するが、こちら側の6匹の並びを見ていきなりバンギラスを優先する人は殆ど居ないはず。

対バンギランドルカリオアロー (バンギラス/霊獣ランドロス/ルカリオ/ファイアロー/ライコウ/スイクン)
キノガッサ + ゲンガー + スイクン

この並びに対してボルトゲンガースイクンと出してしまうと初手瞑想ライコウに荒らされて瞬殺されるので、まずこの選出はなし。
初手にキノガッサを置き、胞子→封じ→種マシンガンと入りライコウを腐らせるか処理する。もしライコウが壁張り型だった場合は、そもそも初手にランドロスを出さないと襷ガッサが非常に辛いはず。
裏はアロールカリオが濃厚なので上記の通りに動いて処理すれば問題なし。ランドルカリオの場合はスイクン、ルカリオスイクンだった場合はゲンガーの一貫が生まれる。

対受けループ (ポリゴン2/グライオン/クレセリア/ヒードラン/ブリガロン/ゲンガー)
ボルトロス + ハッサム + スイクン

グライドランブリガロン選出が来るはずなので、どうにか頑張って上3匹の一貫を取りに行く。
要するに、ゲンガーの対処ルートがしっかり組んである受け回しは半分詰んでしまっている。


その他ギミック構築に対しては、ボルトロスやゲンガー・スイクンで妨害をしていけば重力催眠以外には負けないはず。

ここまで転載記事となります。
これだけで十分かと思いますが、一応追記。
ボルトの枠は
・CSボルト
・HBボルト
・メガデンリュウ
のどれかで考えていたが、選出シュミレートをしていた際にどう考えてもボルトの展開阻止が必要になる構築がいくつかあったことや、実際に使用すると、メガ進化しないと扱いづらく立ち回りが非常に難しくなり安定性に欠ける場面が多かったことから選択肢から真っ先に消えた。
結果CSボルトとHBボルトのニ択になったが、CSボルトを選択。
その理由はるるーしゅさんが記事に書いてくださっているので省略。

また、スイクンの枠は本当にどちらでもいい。
るるーしゅさんはこご風個体で使用したが、、自分は零度個体で使用した。

それ以外の殆どのことはるるーしゅさんが書いてくれてるので特に言うことはないです。

選出数
ありんこ
ボルト1/10 ランド9/10 ゲンガー5/10 ハッサム3/10 ガッサ3/10 スイクン9/10
るるーしゅ
ボルト6/9 ランド6/9 ゲンガー5/9 ハッサム3/9 ガッサ4/9 スイクン3/9

僕の方の選出がランドスイクンに偏ってるのは想定していた構築にばかり当たったため。
るるーしゅさんの選出に偏りがないのはその逆だったためです。
てか、るるーしゅさんは想定した構築に一度も当たってませんでしたW

自分の中のXY結論構築は自分で組んでないけどこの構築です!!!!!!

質問などあれば、コメント・twitterでどうぞ。
ここまで読んでいただきありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

【シングル】バトン軸カバドリュウズ

第3回あめおふ使用構築(簡易版)

comment iconコメント

comment avater

-

コメント失礼します。
スイクンのCに結構努力値を振っていらっしゃるようなのですが、火力はなにを目安に調整したのか教えていただけますか?

2014年10月14日 10:23

comment avater

ありんこ

Re:

>コメント失礼します。
>スイクンのCに結構努力値を振っていらっしゃるようなのですが、火力はなにを目安に調整したのか教えていただけますか?

コメントありがとうございます。
図太いの方のスイクンは、こご風+熱湯+ゴツメ4回でメガガルーラが落ちる調整です。
この調整は他の方のブログから引っ張ってきたものなので後日参考元のURLを貼るのでそちらも見ていただけると良いかと思います。

零度の方のスイクンはよくあるHCの配分から少しSに回して大体のメガハッサムの上を取れるような形にしてあります。






2014年10月14日 22:00

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。